PROFILE

目黒ミロ Miro Meguro

福島県出身
2014年にスクラッチアートに触れ、2016年から東京を中心に展示活動を始める。
白黒二層のボードを用い、上部の黒面を針などで引っ掻き、下部の白面を浮き出す技法で制作している。
2015年までは主にアクリル絵具と透明水彩を併用していた。

縫い針で削ることからテキスタイルを意識し、布やレースを多く作品に取り入れている。

info♠nekotack.main.jp (♠→@)
*連絡は上記アドレスか、取扱い作家となっている アートコンプレックスセンター へお願いいたします。

【スクラッチボードについて】
主に黒い塗料(墨など)を塗布した、厚紙または白い粘土で覆われたボードを指す。
上部の黒い層をニードルやナイフなどの鋭利な道具で削り、下部の白面を浮き出して描く技法。
白黒に限らず着色も可能。

■ 個展
2021「ポーズだけでも」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2019「先の尖った」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2018「彼女の証明」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2017「ヴェールをかけて」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)

■ 企画展・グループ展
2021「第4回 人形と絵の「春」展」丸善(東京)
2021「2021新春展」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2020「装幀画展2020」Cafe & Gallery musée(石川枝香庵 Flat(東京)
2020「忘れられた映像」画廊・珈琲 Zaroff(東京)
2020「2020アドニス展」Gallery ARK(神奈川)
2020「小品展2020」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2020「秘められたる魔性-3-」みうらじろうギャラリー bis(東京)
2020「2020年明け作品展」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2019「Claustrophobia」(鳥居椿×目黒ミロ2人展画廊・珈琲 Zaroff(東京)
2019「ミス・モーヴ、ビリチスに会いに行く」霧とリボン(東京)
2018, 2019「2018→19展」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2018「幻夜の国のアリス」Cafe Gallery 幻(東京)
2018「魅惑のイマージュ –captivating image–The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2017「私を纏う」(五ノ井愛×目黒ミロ2人展)The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2016Dracula feast」タコシェ(東京)
2016「大細密展2016The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2016「細密展2016The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2015Daydream」會津稽古堂(福島)

■ 掲載
2021『アートコレクターズ』5月号(生活の友社
2021『月刊美術』1月号(実業之日本社
2019『アートコレクターズ』11月号(生活の友社
2018『アートコレクターズ』7月号(生活の友社